読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツコでかけ

子連れのおでかけをテーマにした雑記。小さい子どもがいる人には役に立つ、そうでない人でも読んで楽しめるブログを目指してます!

子連れ旅行目線と大人のバカンス目線でレビュー!3回目のグアムレオパレスリゾート

6年ぶり3回目のレオパレスリゾート宿泊

今回の4回目のグァム旅行はレオパレスリゾート2泊、アウトリガーに2泊とホテルをわけることに。そしてグァムのレオパレスリゾートは3回目の宿泊。なぜそんなにもレオパレスリゾートに泊まっているかというと身内がレオパレスオーナーのため割引料金で泊まれるから。グァムで結婚式を挙げたのもこの理由。ウェディングドレスのレンタルは衝撃の9割引。値札見ないで5分でドレス決めたもんね。なお、こちらは子連れのおでかけとグァムを語る場所でレオパレスオーナーのよしあしについてはここで語りませんよ。もとい、忌憚なくレオパレスリゾートについて語ってみます。

0歳4歳子連れ旅行目線でみたレオパレスリゾートのおすすめポイント

ミキハウス認定「ウェルカムベビーのお宿」

今回下にあるマイナス点を痛いほど知りながら、あえてレオパレスリゾートを選んだ理由は生後8ヶ月のべビ連れゆえ、ウエルカムベビーが充実していると知ったから。部屋は、ホテルではなく広さと床を求めてコンドミニアムラ・クエスタE1ベッドルームに。

f:id:letskodekake:20170515162422j:plain

(E棟はフロントやプールからは一番遠いので車内を走るワゴンにのせてもらうと楽)

f:id:letskodekake:20170515161343j:image

(広いベッドが2つでベビーガードつき。4人でゆったり寝られました。)

次女みーは訪問時生後8ヶ月。おすわりはできないずりバイ期。コモドオオトカゲばりの勢いであちこちはいまわるのでクッションカーペットあるリビングルームというのは正解、と次のアウトリガーで思い知りました。目が離せないお年頃ゆえに柵のあるベビーベッドも、コモドドラゴン一時捕獲の場所として重宝。

f:id:letskodekake:20170515161403j:image

(なぜかおなじおもちゃが2つ。そういう雑さは嫌いじゃない)

ユニットではない洗い場のある大きなバスルーム、プールあとや汗を流したりと何度も利用するので快適でした。

f:id:letskodekake:20170515163503j:image

(よくも悪くもまったく海外にきた感じがしないバスルーム)

フリーズドライの離乳食をつくるのにキッチン設備も大活躍。赤ちゃん連れの方は、ホテルタイプではなくコンドミニアムタイプが断然おすすめです。難点はキッズプールやレストランに遠いこと。歩いて5分くらいですけどね。ウェルカムグッズもこれでもか、というくらい充実。

f:id:letskodekake:20170515161428j:image

(次女みーがレオくんを妙に気に入っていて複雑な母親心)

パンツタイプメリーズを無料で10枚くれるのは本当にありがたい。ちなみにサイズはMサイズでした。ほかのサイズもあるのかな?おむつふきは立派な箱付きタイプでしたがかさばるので箱は正直いらなかったかな。あとレストラン脇のキッズスペースはしょぼすぎ。もうちょっと愛を持って設置してほしいな。

キッズプールが充実、スライダーや遊具が楽しい

今回の目的はとにかくプール!ホテル棟の前にあるヴェルヴェーレプールは水深30センチの幼児用プール、巨大な遊具があるプール、スライダー用プール、メインプールレオパレスリゾートというプールは就学前子供向けにちょうどいいラインナップ。見渡せるので目が届いて安心。長女まーはデリケートゾーンがデリケートなことになってしまったくらいスライダーで遊び倒していいました。翌日はスライダー自粛。

f:id:letskodekake:20170515161452j:image

(メインプールも深さがほどよく子どもも安心)

f:id:letskodekake:20170515161519j:image

(こちらは遊具。スライダーは写真撮り忘れたけど大人でも楽しかった。)

宿泊料金がお手頃価格

オーナー割引がなくとも、他のホテルよりお手頃お値段のレオパレスリゾート。家族4人が1万円代で宿泊できるのはお財布にありがたいですよね。空港からの送迎とプール利用を含むと考えれば割安!さらにベビー&キッズルームプランに申し込むとアーリーチェックイン14:00、レイトチェックアウト13:00が利用できます。レイトチェックアウトのおかげで、ホテルをかえる3日目の朝もプールで遊ぶことができました。

大人のバカンス目線でみたらレオパレスリゾートをおすすめしない点

ビーチがない。繁華街へのアクセスが悪い。

レオパレスリゾートは繁華街からはるか離れた山の中に所在。湖はあるけれどビーチはない。致命的というか、だから安いのですよね。タモンの中心街にいくには提携しているウェスティンホテル(ビーチやプールが有料で利用可)行のシャトルバスが1時間に1本で所用時間40分〜50分。GPO(グァム・プレミアム・アウトレット)行きの有料シャトルバスは40分に1本で、これも所用時間が30分〜40分。ビーチやショッピングを楽しみたい場合には移動にかなりの時間をとられてしまう。

タモンやGPO以外の場所へいく、タモンで夜遅くまで遊びたいと、移動時間を節約したいという場合はタクシー利用に。しかしグァムのタクシー料金はレオパレスリゾートの料金とは異なり決してお手軽価格ではなく、タモンからレオパレスリゾートは50ドルくらいかかるので下手するとタクシー代が宿泊費を上回る羽目に…。ちなみにわが家は「海外の運転に自信がない」ということでレンタカーは借りたことがありません。

海外感とラグジュアリー度低し

レオパレスリゾートはいわずもがな、日本の会社レオパレス21が経営。当然お客さんはほとんど日本人。さらに特筆すべきはお客さんのうち結構な割合が「レオパレスオーナーとその家族」ということ。なんていうか、客層が日本の温泉旅館ぽいんですよ。また、1993年開業ということですが本体の経営が影響しているのか外装の痛みが目立つ。内装はまぁまぁですが窓の汚れはひどかった。ということで「海外のリゾートにきた〜!」感は著しく低いです。プールで知り合ったレオパレスオーナーさん一家も「古さが気になって前より来なくなっちゃったよ」って。だからベビーウェルカムなのね!

レストランがいまいち

敷地内には6つのレストランがありますが、率直にCPいまいちいまに。宿泊代が格安だからレストランで収益確保してるんでしょうね。歩いて行ける場所にレストランはありません。ということで2泊目のランチはコンビニ飯嫌いの我が家にはめずらしく敷地内のコンビニレオマートで調達することに。

 f:id:letskodekake:20170515161553j:image

(レオマートはラ・クエスタ棟の中心にある。8時から23時まで営業)

f:id:letskodekake:20170515161608j:image

(チキンロールと、レンチンの小籠包とチキンボールは意外とどれもいけた)

まとめ

グァムのレオパレスリゾート、以下の項目3つ以上当てはまる方には候補としてありだと思います。

  • 3泊以上の滞在
  • 乳児連れ 
  • こどもをとにかくプールで遊ばせたい
  • ゴルフを楽しみたい
  • なるべくコストをおさえたい
  • 外食ではなく内食・中食派
  • レンタカーを借りる予定
  • 保育サービス・キッズプログラムを利用したい ※我が家は未経験

レンタカーを借りない場合は、我が家のように滞在中にホテルをかえることをおすすめ。またほかのホテルに泊まる前提で、コストを抑えるため到着日もしくは出発日だけレオパレスを利用するというのもありかもしれません。

レッツゴー、レオパレスリゾート?