読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツコでかけ

子連れのおでかけをテーマにした雑記。小さい子どもがいる人には役に立つ、そうでない人でも読んで楽しめるブログを目指してます!

初めての子連れ海外旅行2015年GWプーケット〜プラン編〜

いよいよGW突入。わたしもこの勢いにのって2015年にいったGWの海外子連れ旅行の記事をかこうと決めた。お出かけブログを称しているくせに、最近は半径数キロメートルエリアと物ネタしかかいてなかったからな。

インスタやFBでも思わせぶりな空港の写真アップをみて「来年こそはゴールデンウィークは海外にいくぞ!ぐぬぬぬぬ。」と目論みされいてる方の目にでもとまれば幸いです。

子連れアジアリゾート、バリかセブかプーケット

2015年、長女まー2歳のGWに海外旅行にいこうと決めたわたしたち。条件は下記。

  • アジアリゾート
  • フライト時間が長くないところ
  • 食事が美味しいところ

アジアリゾートなのは距離の問題と、夫キューがいったことがないから。2つ目までだとバリやセブという候補もある。バリは独身時代に女友達といったのだけどサテとビュッフェを繰り返し食べていた記憶であまり食べものにいいイメージがない。確かにスパは極楽だったし寺院観光は楽しかったけれど幼児連れだしなぁ。海も青くなくてびっくりした覚え。

セブはどうなの?フィリピン料理っておいしいの?いまいちイメージがわかない。友人夫婦が「滞在期間中ずっと雨」にあたったという残念なイメージならある。

私たち夫婦は食いしん坊。やはり3を重視したい。そしてなにより、自分の前世はタイと中国の国境付近の村人だと確信しているくらいにはタイ料理が好きなので3つ目の条件でタイのリゾートに決定。タイはパタヤはいったことあるし(いった感想はタイの熱海)、サムイは繁華街が物足りなそう、ということでプーケットに決定 !

f:id:letskodekake:20170502153121j:plain

予約はタイ専門代理店経由で

数年ぶりの海外、プーケットは初訪。わたしたち夫婦の英語力がプアー。ちなみに私はこのプーケット渡航11回目、海外旅行はビギナーでもベテランでもない。夫も似たような感じだけどアジアは初めて。なんでも自分でネットでのこのご時世、迷ったけれど代理店経由で予約することに。

情報代と送迎代となにかあったときの保険だと思えば手数料払ってもいいのではと。学生時代にちょろっと旅行業界で働いたことがあり、旅行代理店が薄利ということは知っている。半年前、前年の冬から動いていて時間の余裕があったのでいくつか代理店に問い合わせてみたのだけど、J○B(高すぎ)、H×S(担当がいまいち)、なんとかリゾート(放置プレー)だったので結局メールの対応がとてもよかったタイ専門旅行代理店のA&Aというところにお願いしました。

GWのプーケット子連れ旅行はプールが重要

プーケットのホテルは値段に応じたクオリティ」ということを夫が知人から聞いていたので、せっかくの機会だしそれなりのホテルにしようとは決めていた。期間は4泊6日。条件は主に水回り!

  • キッズプールあり
  • オンザビーチもしくはビーチ近く
  • プールヴィラもしくはプールアクセス

上2つでだいぶ候補が絞られる。5月のプーケットは雨期のはじめ。海流の関係で波が高く海に入れないこともあるから幼児連れならキッズプールはあったほうが絶対よいというアドバイス。海外のプールは水深深いもんね。あとせっかくのビーチリゾートだから山中にあるのは嫌。海が近くて繁華街も遠くないところがいい。隠れ家系は居酒屋で十分。あこがれのプールヴィラは小さなお子様連れの家族は安全面であまりお勧めしないとのこと。あとプールヴィラだと予算がぐっと上がり1泊5万〜10万。

いくつか候補をだしてもらい、タイ資本センタラグループのセンタラ・グランド・ビーチリゾートのデラックスプールスイートに決定。センタラ・グランド・ビーチリゾートはプールが充実していてもちろんキッズプールはもちろん、流れるプールやスライダーもある。専用ビーチあり。予算の関係からあこがれのプールヴィラではないけれど空中階のベランダにミニプールがある部屋。代理店に支払った旅行代金はフライト・諸費用込みで大人1人19万6800円。実際に金額を出してもらうと、一人当たり20万は超えたくないかなーという感覚でした。なんせ2歳半とはいえ、航空料金は大人の75%ですからね!

プーケット行のフライトは便利な羽田発午前便に決定

A&Aはタイ国際航空日本地区販売代理店ということで航空会社はタイ航空1本推し。選択肢が少ないというのは時には悪いことではないと思うの。プーケット直行便はないのでタイ航空のバンコク経由で。午前便と深夜便があったけれど、幼児連れなので羽田0:20発の深夜便は厳しいかなと思い初日の日中はつぶれるけれど、午前便に。10時半に羽田発、18時過ぎにプーケット着。プーケットとの時差2時間。羽田→バンコクが6時間30分。トランジットで1時間45分。バンコクからプーケットが1時間20分。なので所用時間約9時間半!

往路(TG683)羽田10:35-バンコク15:05 (TG217)バンコク16:50-プーケット18:10

復路:プーケット(TG218)19:00-バンコク20:25 (TG682)バンコク22:45-羽田(翌06:55)
 

レッツゴー、プーケット! 続きはグァム旅行のあとになりそうな予感・・・。