読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツコでかけ

子連れのおでかけをテーマにした雑記。小さい子どもがいる人には役に立つ、そうでない人でも読んで楽しめるブログを目指してます!

実録!気温と服装で検証する2月の子連れ沖縄旅行

3月に入ったし沖縄ネタはもうこれで最後。 

今回の沖縄旅行の準備でいちばん悩んだのは服装。去年2月の沖縄に3回(うち2回日帰り)いった夫キューにきいても、「暑かったり寒かったりだからねぇ」といまいち参考にならない。まぁ、沖縄日帰りとか忙しすぎて記憶ないのも致し方ない。

 グーグル先生にきいても、似たような回答。

 2月の沖縄旅行の服装、そんなに明言が難しいなら、よし!事実をありのままにかけば誰かの役に立つかしらと。服装は私ルク(♀アラフォー)と長女まー(♀4歳)の記録を。夫キューと次女みーの分は、記憶と写真が不足しているので略。

 気温&湿度のデータは 気象庁|過去の気象データ検索 から引用。

 このネタを思いついた翌日、美容室で(ふだん読まない)VERY読んでたら「気温&コーディネート」特集を発見。あやかって服にブランド名いれてみたんだけど(価格は覚えてないから省略)、わたしは見事にファストファッションと授乳服のみ。 

ひとのセンスを笑うな。

 

 

1泊目 東京〜那覇本部町

★この日の服装

ルク コットンの長袖シャツ(H&M)/ロールアップデニムパンツ(GU)

まー 長袖のロンT(エックスガールステージ)/ストレッチパンツ(GU)

6:30 自宅出発(東京 気温2.7度 湿度46%)

早朝なので寒い。息が白い。スゥエット生地のコート(ダンサー)、インナーでウルトラダウン(ユニクロ)を着て防寒。

空港と機内は、赤子を抱えていたこともありアウター不要、長袖一枚。

11:30 那覇空港着(那覇 気温18.6度 湿度49%)

空港についたらむっとした空気。おー、沖縄!

アウターは当然着ない、かぶっていたニット帽があつくて夏用ハットかぶりなおす。外に出たら、あれ?思ったより涼しい。暑かったのは空港だけか。

 13:00 那覇市内(那覇 気温20.4度 湿度47%)

モノレールで牧志駅に移動、ランチをとったあとカーシェアの車に乗り込む。

やっぱりこの服装ニット帽がいいなぁと、一度スーツケースにしまったニット帽を取り出す。荷物整理したり、ベビーシートを装着したりと作業していると汗ばむ。ネルシャツの夫が「あついあつい」いってる。

 15:30 道の駅許田(名護 気温19.3度 湿度50%)

日差しが強い。運転する人はサングラス必須。

カラッとしていて心地よい気候。

 18:00 瀬底島ビーチ(名護 気温18.1度 湿度59%)

宿に着き車を停めるやいなや、まー人生初車内リバース。なぜこのタイミング?

シャワーを浴びて薄手の長袖ロンT(マーキーズ)&スパッツ(ランドリー)に着替え、夕陽に向かってレッツゴー、ビーチへ。海の風がやや涼しいけど長袖一枚でもなんとか大丈夫。

 f:id:letskodekake:20170301235715j:image

(まー、砂浜をみたとたん靴をはくことを放棄。)

19:00  瀬底島の宿(名護 気温17.3度 湿度64%)

宿にて夕食。貸し切りタイプの宿で室内が広いため、うすら寒い。ウルトラダウンを羽織っていたら、宿の人にまさかのストーブをつけることをすすめられる。

23:00 就寝(名護 気温18.4度 湿度63%)

パジャマは長袖のボーダーロンTとユニクロの部屋着ズボン。ぐっすり眠れた。

 

 2泊目 本部町名護市〜読谷〜うるま市

ルク:デニムシャツ(GAP)に半袖のカットソー(授乳服)/ホワイトデニムパンツ(無印良品

まー:ジャージ素材のワンピース(ヴィッレヴァッラ)/ストレッチパンツ(マーキーズ) 

10:00 美ら海水族館(名護 気温21.2度 湿度74%)

風が強い!けれど寒くはない。とにかく風が強いのでニット帽でよかった。

13:00 名護市21世紀の森公園(名護 気温21.5度 湿度83%)

ちょっくら日ハムのキャンプをのぞく。いまにも雨がふりそう。

f:id:letskodekake:20170301135212j:image

 (スウェーデンのブランド、ヴィッレヴァッラはビビッドでかなり我が家好み)

15:30 読谷村やむちんの里(那覇 気温21.1度 湿度87%)

雨が本降り。途中のコンビニで傘を買いたかったけれど道中コンビニに出合わず。

陶器は売るほどあれど傘はどこにも売ってない。折り畳み傘もってくればよかった。

販売所の中が蒸し暑くてヤバい。赤子を抱えていたこともありついに半袖に。半袖着ていてよかった!

17:00 うるま市浜比嘉島那覇 気温20.8度 湿度80%)

浜比嘉島リゾート着。車停めるやいなや、まーが人生2回目の車内リバース。なぜこのタイミング?

大風呂で美しいオーシャンビューを堪能。風呂上りはガウチョパンツ(ベータ※義母にもらった)にしたのだけれど、レストランでの食事時はちょっと足元が寒くて後悔。

22:00 就寝(那覇 気温20.8度 湿度83%)

宿のシルク風の薄手のパジャマで寝る。薄手だけれど寒くなかった。

 

 3泊目 うるま市北谷町那覇市

ルク:ブラウス(授乳服)/ホワイトデニムパンツ(無印良品

まー:厚手のボーダーTシャツ(マーキーズ)/カラーデニムパンツ(エックスガールステージ)

10:30 海の駅あやはし館(那覇 気温19.4度 湿度60%)

せっかくなので東洋一らしい海中道路の海の駅を散策。快晴で気持ちよい。風はつよいけど寒くない。 

13:00 うるま市まるみつ食堂(那覇 気温21度 湿度55%)

外国人住宅街に行ったあと、うるま市内の沖縄そば店まるみつ食堂でランチ。今日は本当にいい気候。 

15:00 北谷町アメリカンビレッジ(那覇 気温20.2度 湿度58%)

たいしたことないのに毎度寄ってしまうアメリカンビレッジ。ぶらぶらしたあとサーティワンのアイスを食べる。天気はよいけれど外でアイスを食べるほどの気温ではなく店内にて。 

16:00 那覇市牧志那覇 気温19.6度 湿度60%)

カーシェア72時間+3時間延長、ぎりぎりセーフで返却。あせって汗ばむ。ホテルに向かいチェックイン。

 

19:00 那覇市国際通り那覇 気温18.5度 湿度65%)

行こうと思った店がことごとく予約が取れず、ご飯をたべに国際通りへ。寒くなりそうな予感がしたので、親子ともにスウェット地の上着を着ていく。

f:id:letskodekake:20170301135239j:image

( 上着はチャムスだよ。サングラスは私物、ではなく土産屋の。)

22:00 就寝(那覇 気温18.8度 湿度67%)

1泊目と同じボーダーTシャツとユニクロ部屋着をパジャマに。夫キューは仕事と称して夜の那覇の町に吸い込まれていった。

 

最終日 那覇〜東京

ルク 薄手の7分丈ブラウス(H&M)/ロールアップデニムパンツ(GU)

まー 長袖ネルシャツ(ユニクロ)/カラーデニムパンツ(マーキーズ) 

10:30 那覇市国際通り周辺(那覇 気温21.9 度 湿度74%)

曇りでじめっとした暑さ。長女まーが耐え切れず、長袖ネルシャツを脱ぐ。下に着てる半袖Tシャツ(H&M)は肌着として着せてるから、乙女ペラ一枚に。ごめん、悪いのは母だ。

牧志市場方面にむかって、商店街をぶらつく。

 f:id:letskodekake:20170301135254j:image

(写真でみても透けてなかった、ほっ。)

11:30 那覇市牧志 ON OFF YES NO(那覇 気温22.6度 湿度71%)

かなり喉が渇いてコールドプレスジュース(一杯800円)を一気に飲み干しそうになる。長女まーがスタイリッシュな店内で裸踊りをはじめ、イケメンオーナー困惑。 

14:00 那覇市国際通り付近(那覇 気温22.6度 湿度74%)

ファイダマでランチ後、首里城にいこうとモノレール駅に向かったけれど、モノレール&徒歩では時間が足りないことに気づく。タクシーで行こうとしたら、2度あることは3度と思ったのか、まーが拒否。ぶらぶらと荷物を預けている牧志にホテルに戻ることにする。

温度と湿度になれてきたころでさらば沖縄。 

17:00 那覇空港那覇 気温21.8度 湿度81%)

飛行機が30分遅れで大混雑。とにかく空港内があつい。あついし人が多いし待ちぼうけでてみんなイライラしてる。今回の旅行の不快指数MAX。

20:00 羽田空港着(東京 気温10.2度 湿度69%)

おつかれさまでした! 

2月の沖縄旅行、服装についてのまとめ

●2月の沖縄旅行は半袖の上に起毛していない長袖を基本スタイルにするのがベスト。

●18度は上着がいるボーダーライン。アウターは風が防げる軽めのものを。

●海辺は風が強いので、ハット型の帽子よりニット帽のほうがよい。蒸すのでできれば綿のほうがよいかと。

●湿度が高いと3〜5度体感温度がアップ。

●空港はなぜか暑いので薄着で。

●ウルトラダウンは神アイテム 

おまけ

海中道路と浜比嘉大橋。

f:id:letskodekake:20170301234709j:image

人口1364人の平安座島と人口531人の浜比嘉島をつなぐのに、いくらのお金がこの海に注ぎこまれたのかしらと思うと胸アツ。

(※人口数はwikipediaより)